シーソーの真ん中で綴る人

ジッセンジャー系ライトワーカー/魂の翻訳家(見習い中) ~いっぷう変わった、ある男の生きカタログ~ since2021.5.12

第2回 神との対話 HT東京・江戸川 スタディグループ開催のお知らせ

こんばんは。
シーソーです。

3日振りの更新です。
一昨日、昨日はガイドからストップが掛かっていて
ブログと音声配信はお休みしていました。

一昨日から少し身体というか頭というか、
どこかに変化が起こっていて、
思考がこれまでよりも静かになっています。

喜ばしくあり、慣れない感じです。

久しぶりに非二元関連の本を
引っ張り出して数ページ読んでみましたけどピンと来ず。

以前、こちらの記事で
現在、思考に頼るのをサレンダーして、
インスピレーションで行動していることを綴りましたけど、
一段階レベルが上がったのかもしれません。

一体どうなることやら…。

ついでといっては何ですが、
以前ツイッターでも画像を貼り付けましたけど、
私が持っているスピ関連の本がどんなものなのかを
こちらにも貼り付けときます。

私がここで綴っている内容のバックボーンがわかるんじゃないでしょうかね。

 

f:id:CenterOfSeesaw:20210723193517j:plain


さて、ここからが一応本題です。

先日、第1回目の「神との対話 ヒューマニティチーム(HT)東京・江戸川
スタディグループ」が終了しまして、来月8月14日(土)に第2回目を開催します。

この会はざっくり言えば、「神との対話」という本をベースにした
スピリチュアルな座談会です。

この会のイメージは、このツイートがわかりやすいのですが。

 


特に私がトップになって何かを教えるわけではありません。

それぞれの方が対等で特別で、横並びです。
もちろん私が進行役はしますけどね。

コンセプトは「心を癒し、考えを癒す場所」。

心から話しができる場所。
正直な自分が出せる場所。
涙も笑いも、喜びも苦しみも、許される場所。
お互いに学び合い、成長できる場所。

お互いの想いや考えを尊重し、
愛を持って交流していただく場所です。

 

できれば「神との対話」シリーズの本を読まれている方の
参加が望ましいのですが、こちらのブログを読まれていて
共鳴する部分がある方でしたら読まれていなくても大丈夫です。

もしよかったらご検討ください。


…ま、どちらかと言うと、このブログを読まれている方は、
この会がどうこうというより、全体を通して私が何を成し得ていくのか、
または成し得ないのか、というプロセスを楽しんでもらえればいいので、
なので“一応本題”としました。

とは言え、ご参加いただける方がいらっしゃれば嬉しいです。
ご希望の方は下記よりお申し込みください。

定員は7名。現在3名の方が申し込み済みですので残りが4名となります。
参加費は会場費用として100円いただきます。

 

www.humanitysteamjapan.com


今回は以上です。


それでは!!

本当の豊かさとは?③ ~生み出す×与える~

こんばんは。
シーソーです。

以前「愛とワクチン接種①~③」のシリーズで
現在老人ホームに入居している
母の新型コロナワクチンのことを綴りましたけど、
今日は母の2回目の接種日でした。

直近で私が母と面会したのは1回目の接種前なので、
接種後の母の様子というのを全く知らないのですが、
今のところ老人ホームからの連絡は特にありません。

私は相変わらずワクチン接種をするつもりはありませんが、
一旦、母の様子を見守り続けたいと思います。


さて、なぜ↑この話を前振りにしたのかは謎ですが、
今回は不定期シリーズの「本当の豊かさとは?」の3回目です。

もし、このシリーズを読まれていない方は
以下のページから過去記事が読めますので
よかったらどうぞ。

本当の豊かさ カテゴリーの記事一覧 - シーソーの真ん中で綴る人

それではスタート!


====================


今朝の出来事なのですが、
Twitterで、ある方のイベント告知のツイートをリツイートして、
LINEグループで、ある方のメッセージに気遣いのリプを送りました。

その後に、ふと感じたのです。


「あれ?この2つの行為は豊かさのヒントになるな」と。


しばらく頭を空っぽにしてインスピレーションが来るのを
待っていると以下の気づきが訪れました。


どうやら私の場合の豊かさの定義は『持っている(量)』を基準にしていた。
でも、実は『与える(量)』が本来の豊かさの定義なのではないか?と。

それが上述のTwitterとLINEの時に感じた
ヒント感でした。


「なるほど~」とフムフム思っていると、
もうひとつキーワードが浮かんで、
それは「生み出す」でした。


「与える」と「生み出す」。

それぞれ豊かさを表す行為なのですが、
この2つをミックスさせて

「与える」×「生み出す」

=「生み出したものを与える」

↑これが本来の豊かさのひとつなのではないのかなと
私の中でピカーンと閃きました。


「生み出したものを与える」


私の場合で言えば、
このブログ記事を作成(生み出して)発信する(与える)ことや、
先日行った「HT東京・江戸川 スタディグループ」という
分かち合いの場を開催し(生み出し)、
参加者に提供した(与えた)ことが、それにあたります。

そう気づいたときに。

「おぉ~、私って豊かじゃないか♪
 いま持っているお金って関係ないじゃん!」と思ったわけです。


それで、
もう一度考え直してみると、私の今までの豊かさの定義は

「生み出したものを与える」の逆で
「生み出されたものを持っている」だったのです。

お金、ブランド品など“誰かが生み出したものをどれだけ持っているか?”
それが「豊かさ」でした。

いや、それ“だけが”「豊かさ」の定義でした。


でも、豊かさって、
そんなセマイものではない。
そんなセコイものではない。

「生み出されたものを持っている」は停滞的。
「生み出したものを与える」は流動的。

もし、どっちがより豊かさを表しているか?と
問われるなら、後者だろう。

…とね、今日、気付きました。

まぁ、どっちも豊かさだよ!って言いたい人もいるでしょうけどね 笑


いずれにせよ、
今回の気付きも、現状の金銭的な課題が無かったら
気付けなかったことなので、面白いものだなぁと思います。


今回は以上です。


それでは!!

「人体実験」を書いて「サバイバル」と読む

こんばんは。
シーソーです。

今日の午前中なのですが、
こんなやり取りがありました。

 


以前、こちらの記事で


>ガイドや魂(ハイヤーセルフ)からは、
>ひとまず、7月18日(日)に主催する
>「HT東京・江戸川 スタディグループ」までは
>一切職探しをする必要がないと提案されており、


というやり取りがあり、
明けて今日(7月19日)、改めてガイドに確認すると、

「23日まで延長。職探しはせずに引き続き、
 インスピレーションをもとに行動を」

という提案があり、
「なぬ?」とは思ったものの、受け入れることにしました。


それと、今日は前回の記事で綴った
ナンバーズ4の抽選日でした。


果たして結果は…。

 


見事に…。

 


外れました 笑


「惜しかった~」すら、思わせてくれませんでした 笑


事前に「サバイバル」という言葉を
突き付けられてましたからね。

当たりませんよね。

それでも「もしかしたら…」と
期待してしまうのですから私はカワイイものです 笑

もし奇跡的に当たったら、その流れに乗じて
「魂の翻訳家(見習い中)」の()の部分を
外してやろうかと計画(?)していたのですが、
そうは問屋が卸さなかったですね 笑
別の意味で外れました 笑


一応、言っておきましょう。


「あ~あ~、ガイドの提案で買ったのに外れたよ~。
 話が違うよ~」

…はい。

切り替えましょう 笑

このようにガイドや魂(ハイヤーセルフ)の提案に乗って、
望んだ結果が起きないことは、日常茶飯事です。

それでもなお、提案に乗り続けるのは、
ある日ふとこう思った時があったのです。


「今回のシンクロの連続は、明らかに魂の提案に乗ったからこそ起こった、
 奇跡的な出来事だった。
 
 でも、時には提案に乗って、
 外れのように思える出来事もある。
 
 …うん?

 でも、この奇跡を起こせる力が、
 果たして気まぐれに外れの出来事を起こすのか?

 これって私の出来事に対する意味付けの問題。
 物事に対する見方の問題なんじゃないか?

 起きている出来事は、スピリチュアルな本に書かれている通り
 完璧なのではないか?
 魂の視点から見れば、いつも“当たり”なのではないか?」


そんな気づきがあってから、ちっとやそっとの外れには
へこたれないようになっていきました。

ヘビーなのは別としてね 笑

 

現在、日が経つほどに足場が無くなるような
綱渡り状態ですが、その先に何があるのでしょうか。


「人体実験」と書いて「サバイバル」と読む。


なんか急にそんなフレーズが浮かびました 笑

この“当て字”にすらならない“外れ字”の行く末を
行けるところまで、止まらずに歩んでみようと思います。


今回は以上です。


それでは!!